WEB系デザインの求人は売り手市場

ネットビジネスの活発化もあり、WEB系のエンジニアは人手不足の状態が続いております。特にその中でも重宝されているのは、デザイン系のエンジニアです。デザイナーの求人は、現在完全な売り手市場です。暫くこの状態が続くのではないでしょうか。ホームページにせよ、ネットショップにせよ全てのパーツにおいてデザインが重要なのは言うまでもありません。ホームページのロゴや、ボタンの形、アイコンのデザインやページのレイアウトまで、全てにデザインが関わっています。ホームページ制作では、デザイン会社が関わることも多いですが、その会社の中には仕事はあるが人が足りていないため納品がいつも期限ギリギリ、という会社もあるくらいです。更に最近はスマホの台頭もあり、スマホ用サイトやアプリ、ゲーム等、デザインの重要度がより一層高まってきています。仕事量が減るどころか、増え続ける一方です。暫くこの求人状態は、続くのではないでしょうか。

デザインの求人はよく調べてから

デザインと言われると、何か華やかなイメージを持つ人も多いです。でも、華やかなのは、ほんの一握りです。実際のデザインは結構地味だったり、苦労する事も多いです。よくメディアに取り上げられているようなイメージで、デザインの求人を探すのはお勧めしません。とはいっても、デザインの分野はとてもやりがいのある分野と言えます。この世の製品で、デザインされていない物は無いといっても過言ではありません。良いデザインを生み出せば、世紀を超えて人々に愛される事になります。自分の作り出したものが、人々に使用され、永く愛されることこそ、デザイナーの醍醐味と言えます。だからこそ、求人も様々です。ちらしのデザインや、製品そのもののデザイン、印刷物か、WEBなのかでも分かれます。良く調べて、自分のやりたい事により近い分野を選ぶことが肝心です。

デザインの求人は、会社の業種も調べてから

デザインと一口に言っても、求められる技術や知識はさまざまです。最近ではパソコンのスキルの需要も非常に高まってきています。WEBや、ゲーム等ではパソコンは必須でしょうし、服飾デザインや、キャラクターデザインでは、「絵を描く」技術を強く要求されます。それだけに、求人は多く存在しますが、会社によって求めている仕事の内容はそれぞれです。デザインをやりたいという漠然とした想いだけでは、不本意な結果になる可能性すらあります。求人募集の際は、まずその会社の業種を確認して、何を必要としているのか、何にチャレンジできるのかを確認しておくことが大切です。デザインの分野は、細かく分かれています。また、メディアに取り上げられる華やかなイメージはほんの一部で、実際は、地道な積み重ねと、苦労を伴う仕事というのも頭にいれておくべきです。